NEWSApril/17/2019

Julianna BarwickとMary Lattimoreが来日、ダブル・ヘッドライナー公演が決定

Julianna BarwickとMary Lattimoreの来日公演が、2019年7月1日(月)、Shibuya WWWにて開催される。

Julianna Barwickは、『The Magic Place』(2011)や『Nepenthe』(2013)、『Will』(2016)など、〈Asthmatic Kitty Records〉や〈Dead Oceans〉といったレーベルから作品のリリースを重ね、2012年には、Helado Negroとのユニット、Ombreとしてアルバムを発表するなど、様々な作品をリリースしている。

またMary Lattimoreは、近年は主に〈Ghostly International〉から作品を発表しており、昨年5月に、〈PLANCHA/Ghostly International〉よりアルバム『Hundreds of Days』をリリースし、今年1月には、リミックス・アルバム『Hundreds of Days Remixes』を発表している。また、同作にはリミキサーとして、Julianna Barwickも参加している

本公演では、それぞれのソロ・パフォーマンスに加え、コラボレーション・セットも披露される。なお、Julianna Barwickは、2015年以来2度目、Mary Lattimoreは今回が初来日公演となる。

■公演概要
Julianna Barwick & Mary Lattimore
日程: 2019年7月1日(月)
会場: Shibuya WWW https://www-shibuya.jp/
出演: Julianna Barwick / Mary Lattimore
時間: 開場18:30 / 開演19:30
料金: 前売¥4,500(税込 / ドリンク代別 / 全自由)
チケット:
◆先行受付
受付期間: 4月17日(水)19:00〜4月21日(日)23:59 ※先着
受付URL: https://eplus.jp/juliannabarwick-mary-lattimore/0701/
◆一般発売:4月27日(土)
e+ / ローソンチケット[L:74382]/ チケットぴあ[P:150-223]/ WWW店頭
問い合せ: WWW 03-5458-7685
公演詳細: https://www-shibuya.jp/schedule/011048.php
主催・企画制作: WWW
協力: PLANCHA

Julianna Barwick(ジュリアナ・バーウィック)
ブルックリンから現在はLAへと拠点を移し活動している女性アーティスト。幼少期に住んでいたルイジアナ州で聖歌隊に参加したことが大きなルーツとなっているという彼女のサウンドは、その多彩なヴォーカルにキーボードやエフェクト交えながらループ・ペダルで多重録音し、幾重にもレイヤードして、崇高で幻想的な世界を描き出す。

2006年デビュー作『Sanguine』をセルフ・リリース。そして2011年にスフィアン・スティーヴンス主宰レーベルAsthmatic Kittyから発表した『The Magic Place』がPitchforkのベスト・ニュー・アルバムに選出され、一躍注目を集める。その後Dead Oceansへと移籍し、シガー・ロスのプロデューサーとして知られるアレックス・ソマーズを迎え、アイスランドはレイキャヴィークにてレコーディングした2013年の『Nepenthe』でも再びPitchforkのベスト・ニュー・アルバムを獲得し、国内外で話題となる中、2015年には初来日を果たした。

また、自身の制作だけでなく、シャロン・ヴァン・エッテンの作品への参加、イクエ・モリとのコラボ作のリリース、オノ・ヨーコ、フィリップ・グラス、フレーミング・リップス等とのライヴ・コラボレーション、レディオヘッドの楽曲リミックスなど、その活動は多岐にわたる。

2016年には現時点での最新作となる『Will』をリリース。セルフ・プロデュースにて、ノースカロライナ州アシュビル、ニューヨーク州北部、ポルトガルのリスボンなど、様々な場所でレコーディングし完成させた。その唯一無二のサウンドは引き続き高い評価を得ている。

Mary Lattimore(メアリー・ラティモア)
フィラデルフィア出身で現在はLA在住のハーピスト。ライオン&ヒーリーのコンサート・ハープとエフェクトを駆使して実験的なアンビエント・サウンドをみせる。2013年にDesire Path Recordingsからファースト・アルバム『The Withdrawing Room』をリリースしデビュー。その後サーストン・ムーア、シャロン・ヴァン・エッテン、メグ・ベアード、ジュリア・ホルター、ジャーヴィス・コッカー、カート・ヴァイル、スティーヴ・ガン、エド・アスキュウなど、様々な名だたるアーティストの録音やライヴのサポートを経た他、エスパーズのメンバーが参加した総勢10名によるプロジェクト、The Valerie Projectのメンバーとしての活動や、『Marina Abramovic: The Artist Is Present』のフィルム・スコアを手掛けるなど、その動向には枚挙にいとまがない。

2013年3月にはニューヨークのグランドセントラル駅の100年祭にフィーチャーされたニック・ケイヴによるカラフルな馬の作品「Soundsuits」のパフォーマンスのハーピストで出演。翌2014年にはPew Center for Arts & Heritageのフェロー賞(1年に12名のみ)を受賞している。2016年にGhostly Internationalから『At The Dam』をリリースし、2017年には2011年から2016年にかけて暮らしていたフィラデルフィアの家で録音された音源をコンパイルした『Collected Peaces』を発表。その独特のアンビエント・ハープ・サウンドはジャンルの垣根を越えて多くの支持を得ている。

その後もリアル・エステイトとツアーを回り、シガー・ロス主催のフェスティヴァル『norður og niður』のストリングス・ステージにも出演を果たし、ヘッドランズ・アートセンターの音楽アワードも受賞した。2018年、『At The Dam』以来となるオリジナル・アルバム『Hundreds of Days』をリリースし、その注目度がさらに高まる中、今回が初の来日となる。

Link: Shibuya WWW