INTERVIEWSOctober/10/2017

[Interview]Blue Hawaii – “Tenderness”

 古典的な物の見方において、テクノロジーとは、肉体の延長と捉えられてきたという。例えば、スマートフォンで送るテキストメッセージは、距離を超えて言葉とその意味を相手に瞬時に伝えることができる。一方、それらが真実なのか、捏造なのかを確実に確かめる手段はない(つまり、信じるしかない)。今や、オリジナルを模倣する記号は捏造の手段として誰もが容易に利用できる環境になり、そしてかつての予言通り、オリジナルと模倣されたものの区別はより一層曖昧になっている。

 カナダ第二の都市、モントリオールを拠点とするBlue Hawaiiは、Raphaelle ‘Ra’ StandellとAlexander ‘Agor’ Kerbyによる男女デュオ。その4年ぶりとなる最新作『Tenderness』では、同じベッドに座る男女がそれぞれのスマートフォンに目を向けるジャケットが示唆するように、「遠く離れていても近くにいる温かさを感じ、リアルとヴァーチャルの両方でお互いの優しさ(tenderness)を求め合うこと」をテーマに、現代における優しさや愛の在り方を解明しようと試みている。

 また、本作では、70年代から80年代のディスコミュージックや90年代のハウスミュージックがアレンジの手段として採用され、アップリフティングな展開を楽曲に与えると同時に、サウンド自体が、まだ「模倣された記号」がそれと容易に知覚できた時代を表象するもの(楽しめるもの)として、作品のテーマを際立たせる役割も果たしている。

 以下のメールインタビューでは、Blue Hawaiiのふたりが、作品のテーマを中心に、本作の制作背景について、その詳細を語ってくれている。

__4年ぶりのアルバムのリリースとなりますが、今回の制作をはじめることになったきっかけを教えてください。

私たちは、新しいアルバムを作ろうと思っていたわけではなくて、それは自然の流れでした。2016年に、偶然私たちはLAで一緒になり、ある日の午後、セッションをしたんです。するとすぐに、それがより多くのセッションへと発展していって、その冬が終わる頃には新しいアルバムをリリースするのに十分な素材が揃っていました。そして私たちは、音源をモントリオールに持ち帰って、ミックスを行い、”Tenderness“と名付けたのです(実際、アレックスの祖父がそのタイトルを思いつきました)。

__プレスリリースによれば、本作は、「オンラインで男女の関係が築けるのかという課題を定義するコンセプトアルバム」とのことですが、なぜこのようなコンセプトを掲げたのでしょうか。

冬の間、私たちはレコーディングを行っていました。ラファエルは、遠距離恋愛をしていたんですが、彼女は、ほとんど相手に会うことはなく、彼らはたいてい携帯のメールとビデオチャットを通じて繋がっていました。私たちは、このような関係は、それを可能にするテクノロジーのために、より一般的になっていると思いました。そして、私たちは、こういったコンテクストの中における優しさや愛情が意味するものについて、このアルバムをつくろうと決めたのです。

__また、同じくプレスリリースに「遠く離れていても近くにいる温かさを感じ、リアルとヴァーチャルの両方でお互いの優しさ(tenderness)を求め合うことがこのアルバムの進行における重要なテーマ」とありますが、実際の経験から生まれたテーマなのでしょうか。

そう! まさに、先の質問で回答した通りです。

__「No One Like You」のMVには、リアルとヴァーチャルの対比として、本物の犬とロボットの犬がメタファーとして登場します。どのようにこのビデオが制作されたか教えてください。

この映像の背景にあるコンセプトを理解してもらえて嬉しい! デジタルでのコミュニケーションが私たちの生活の中でより重要になるにつれて、オンラインで経験する意思の疎通と実生活で経験する意思の疎通との間の違いを比較することが重要になっていると思います。ときに、オンラインで連絡を取り合うことがとても簡単であるという事実にもかかわらず、それは、私たちにより断絶感を感じさせることさえあります。映像で、ロボットの犬は、人間の感情を理解できない人工知能を象徴しており、一方で、物理的な実在、すなわち本物の犬は、私たちといつも根本的なつながりを持っているのです。

__また、同じく「No One Like You」のMVで、電話はヴァーチャルなツールとして示されています。お互いの優しさを求め合う上で、電話というツールはどのように機能すると思いますか。

電話は、単なる道具であり、それ自体は、良いこと、悪いことの両方に使用されうるものです。電話を通じて伝えられたとき、人はその世界の重荷によって悲しみに包まれるときもあれば、それが、人々を一緒に、より親密にする美しい賛美であるときもあります。人が何かを解釈しようと決めることは、電話(というツール)の欠点ではなく、それは、私たちが人間として何者であるかということと、私たちの行動を反映したものに過ぎません。

__「Versus Game」のMVには、メインとして大きなバルーンが登場しますが、映像は何を意味しているのでしょうか。

正確にはビーチボールですね。映像は、トレーニングウェアとスクーターのベスパでレーシングをするというシンプルなゲームを象徴したものです。この曲自体は、二人の恋人をお互いに比較するゲームについてのもので、ビデオでそのコンセプトを探索するように、私たちはルーズで楽しい時間を過ごしました。

__今回、「No One Like You」と「Versus Game」のMVをご自身で監督していますが、どのような意図があったのでしょうか。

とても楽しいから! それに、私たちが他の誰かにやってほしいことを説明するよりも自分たちでやった方が簡単だったからです。重要なことは、私たちが真剣に取り組みすぎないようにしたことです。私たちは、自分たちが入手できる機材では、シネマティックな3分間の傑作を生み出すことは難しいとわかっていたので、とにかくよいヴァイヴを映像の中にキュレートしようと心がけました。

__ストリングスに、Owen Palletが参加していますが、彼の参加は楽曲にどのような変化を与えていますか。

素晴らしかった! 私たちは彼に3曲楽曲を送ったのですが、彼は、極めて優れた作曲、アレンジを行い、楽曲全体に、新たにストリングスをレコーディングしてくれました。彼の貢献によって、その3曲は別の次元へと高められ、彼が施した仕事は、私たちがほとんどそれ以上触れることができないような完成度でした。それは、最初から完璧だったのです。今作で、私たちはまた、Adam Kinnerという美しいサックス奏者とも一緒に制作しています。

__アルバムのサウンド全体に、90年代のダンスミュージックや70年~80年代のディスコの影響が窺えますが、今作では、どうしてこのようなアレンジを選択したのでしょうか。

もちろん今、このようなサウンドは、とても人気がありますが、私たちがこのような音楽をつくるのは必然だとも思います。というのも、私たちは、生の音楽よりむしろ、アレンジにコンピューターを使っていたので、ダンスミュージックからインスパイアされたものから始めることはとても自然なことでした。私たちは、このアルバムの制作をより楽しいものにしたかったので、今回はそれ(ダンスミュージックをつくること)が役に立ちましたね。

ありがとう! いつか日本でみなさんに会えるのを楽しみにしています。
(Thanks!! Hope to see you in Japan one day! <3 <3)

Tenderness:
01. Free at Last
02. No One Like You
03. Pregame
04. Versus Game
05. Belong to Myself
06. Prepare for Flight
07. Younger Heart
08. Strummin
09. Make Love Stay
10. Big News
11. Blossoming From Your Story
12. Searching for You
13. Do You Need Me
14. Tenderness
15. Giggles
16. Far Away Soon
17. Remember Then (Bonus Track)

Photo by Arvida Byström

参考文献:
J.ボードリヤール『シミュラークルとシミュレーション』竹原あき子訳(法政大学出版局, 1981)

インタビュー・文・訳: T_L