INTERVIEWSSeptember/14/2016
[Interview]Day Wave – “Headcase/Hard To Read”
day-wave_2016

 “SoundCloudにアップした楽曲が注目を集めリリースに繋がった”というストーリーは、よく耳にするが、決して容易なことではない。玉石混交の楽曲が集まるプラットフォームから発見されるには、それなりの理由がある。Day Waveは、シアトルのラジオ局KEXPでその秘訣について問われ、(PRよりも)「いい曲をつくることが先だね」と語っている。

 Day Waveは、カリフォルニア州オークランドを拠点とするJackson Phillipsによるソロ・プロジェクト。Phillipsは、2014年の11月に自身のSoundCloudにDay Wave名義の最初の曲「Nothing At All」をアップすると、複数の音楽ブログメディアにわずか数行の自己紹介文とリンクを貼り付けて直接メールを送ったという(実際、本サイトにもそのメールは届いている)。その後Phillipsは、継続的に新曲をアップし続け、3曲目となる「Drag」でZane LoweのBeats 1をはじめ各方面で大きな注目を集めることとなり、EP『Headcase』を自主リリース。そしてそれが米レーベル〈Fat Possum〉との契約へと繋がっている。『Headcase/Hard To Read』は、〈Fat Possum / Grand Jury〉からリリースされたファーストEP『Headcase』とセカンドEP『Hard To Read』をカップリングした作品であり、今月11日に、〈Thomason Sounds / INPARTMAINT〉より日本盤がリリースされている。

 Phillipsは、かつてCarouselというエレクトロ・ポップバンドに所属していたが、2014年にバンドを脱退し、Day Waveを始めるにあたって活動の拠点をLAから彼の故郷であるオークランドへと移している。そして現在ではアメリカ、ヨーロッパをツアーで回るなど、Day Waveとして自身の活躍の場を広げている。今回、日本盤のリリースにあたり、自身のルーツや作品、制作などについて、メールにてインタビューを行った。

 

__はじめに、Day Waveという名前の由来を教えてください。

その名前を思い付く前にもう2、3曲は作っていたから、その音楽っぽい名前を考えようとしていたんだ。それから2~3週間経ってもなかなかいい名前が思い浮かばなくて、僕の友達にその音楽を聴かせてみたら、彼がDay Waveって名前を思い付いて、それがしっくりきたんだよ。

__音楽制作を始めたきっかけを教えてください。

9歳の時からドラムを演奏し始めて、常に新しい音楽やバンドを見つけて聴くことに夢中だった。年を取るに連れて、新しい楽器も演奏するようになって、最終的に自分で曲を書いたりレコーディングをするようになったんだよ。

__当初は、Carouselというエレクトロ・ポップバンドに所属していたそうですが、バンドを脱退した理由や、そこからDay Waveを始めようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

Carouselと音楽を作っている時は、曲を作るのは僕にとって本当に初めてだったんだ。だからそれは僕にとって次のもっと本格的なプロジェクトのためのステップのような感じだったんだ。その準備ができたと思った時、Day Waveを始めたんだよ。

__かつてはニューヨーク、ロサンゼルスに住んでおり、故郷であるオークランドに戻ったそうですが、そのような土地の変化が楽曲制作に与えた影響はありますか?

NYとLAは本当に気が散る場所で、いろいろ慌ただしい場所だから、音楽に集中しづらかったんだ。それに比べて(オークランドのある)ベイエリアはもっと落ち着いていて、断然集中しやすい環境だから、僕も生産的でいられているよ。

__普段どのようなプロセスで楽曲制作を行っているのでしょうか。

僕は作詞作曲とレコーディングを同時にすることが多いんだ。ギターのコード進行を考えるところから始めて、そこから作っていく。レコーディングをし始めたら、そこに一つの決まったやり方っていうのはなくて、やり方はいつも異っているよ。でもその曲が僕にとっていいものになるまで、音とメロディーを一緒にコラージュしてみるんだ。歌詞はいつも後から取り掛かっているよ。

__「Nothing At All」は、Day Waveとして最初の曲とのことですが、当初どのようなイメージで制作したのでしょうか?

「Nothing at all」は僕が初めて書いたDay Waveの曲だよ。これまでの自分の曲とは少し異なるように作ったんだ。ギターを持って座って、歌詞から何まで全てアコースティックで完成させた。あと、前よりもっと正直な歌詞を書こうとしていたよ。

__同じく『Headcase』収録の「Drag」「Total Zombie」はSoundCloudで100万回の再生回数を超えていますが、それぞれどのようなイメージで制作された曲なのでしょうか?

「Drag」と「Total Zombie」はどちらもレコーディングしながら作詞作曲したんだ。「Total Zombie」はすぐに完成したんだけど、「Drag」はそれより少し長くかかったと思う。 今その曲に使われているコーラスに落ち着く前は、二つのコーラスでどっちがいいか試していたんだ。

__バークリー音楽大学でドラミングとプロダクションを学んだそうですが、その時の経験は、現在の音楽活動にどのような影響を与えていますか?

9歳くらいの時からドラムは始めていたんだ。バークリーにいた時は、何か新しいことが学びたくて、プロダクションに興味を持つようになったんだ。そこでレコーディングについて学んだことが、今やっていることへと繋がっているし、バークリーでそのコースを選んで良かったと思っているよ。

__『Headcase』、『Hard To Read』のEPのアートワークは、どちらも花がモチーフとなっていますが、何か理由があるのでしょうか?

EPのアートワークの花に特定の意味はないんだけど、それらは僕が伝えようとしている全体的なフィーリングを表しているように見えるんだ。アートワークを作っている時は、たくさん写真を撮って、その中からその花のぼんやり具合や、色味の感じを見てこれだと思うものを選んでいったよ。

__現在アメリカツアーを敢行中とのことですが、今後、国内盤リリースに合わせて来日の予定などはありますか?

できるだけ早く日本でツアーしたいと思っているよ。日本は行ったことがなくて、ずっと行きたいと思っているんだ。僕の音楽がそこでリリースされるっていうのは僕にとって素晴らしいことだし、とても楽しみにしているよ。

インタビュー・文:小林香織
1994年生まれ。青山学院大学総合文化政策学部在籍。アメリカ留学中。インディ、ポップ、アメリカのカルチャーなどを担当。

Photo by Stuart Morgan

16091406_2

■リリース情報
Artist: Day Wave
Title: Headcase/Hard To Read
Price: 2,200円 + 税
Release date: 2016年9月11日
歌詞・対訳付

01.Nothing At All
02.Total Zombie
03.Drag
04.We Try But We Don’t Fit In
05.Headcase
06.Deadbeat Girl
07.Gone
08.Hard To Read
09.Stuck
10.You

__Why did you name your project “Day Wave”?

I had already made a few songs before coming up with the name, so I tried to think of something that sounded like the music. After a few weeks and no luck, I showed the music to my friend, and he came up with day wave. It worked.

__How did you start making music? What inspired you?

I started playing drums when I was 9 years old, and I was always obsessed with finding new music and bands to listen to. As I got older I started learning new instruments and eventually began writing and recording my own songs.

__I’ve heard that you used to play in an electro pop band called “Carousel”. Why did you decide to leave the band and start your own solo project, Day Wave?

When I was creating music with carousel, it was really the first time I had written songs, ?so it felt like a stepping stone to a more legitimate project for me. When I felt ready, I started day wave.

__You were living in NY and LA before you came back to your hometown, Oakland. How did the constant moving influence your music?

Ny and LA really distracted me, there’s a lot going on in those cities, so I had a hard time focusing on music. The Bay Area is more mellow, and much less distracting so it’s been easier for me to be productive.

__What is your writing process for your music normally like?

I tend to write and record at the same time. I’ll start by coming up with a chord progression on guitar, and work from there. Once I’m recording there is no one process, it’s always different. But I try to collage sounds and melodies together until the song is working for me. And I’ll usually write lyrics later.

__I’ve heard that “Nothing At All” was the first song that you ever wrote. What kind of image did you have when you started composing this song?

Nothing At All was the first Day Wave song I ever wrote. And I made it a bit differently than most my songs. I sat down with my guitar and wrote the whole thing acoustically, lyrics and all. I was just trying to write more honest lyrics than I had in the past.?

__Also, “Drag” and “Total Zombie” have been played over one million times on SoundCloud. How did writing these songs come about?

Both Drag and Total Zombie were written as they were being recorded. I believe total zombie was quick, but drag took a bit longer. I went through a couple choruses before i settled on the one that is now in the song.

__I’ve heard that you learned drumming and production at Berklee College of Music. How have these experiences influenced your music?

I started drumming when I was around 9 years old. When I went to Berklee, I wanted to learn something new, and I became interested in production. Learning about recording led me to what I’m doing now, and I’m happy I took advantage of those courses at Berklee.

__The artworks of your EPs, “Headcase” and “Hard To Read” are both flowers. Is there a reason behind this?

The flowers on my EP covers don’t have a specific meaning, but they seem to represent the general feeling I am trying to convey. When making the artwork, I took a lot of photos, and chose these particular ones because of the way the flowers are obscured, and the colors they possess.

__Now you’re touring the US and you will release a double EP of “Headcase” and “Hard To Read” in Japan this September. Do you have any plans to visit Japan for this release?

I hope to tour Japan as soon as possible, I’ve never been there and I have always wanted to. It’s amazing to me that my music is going to be released there, I’m really excited about it.

Interview & Text : Kaori Kobayashi (UNCANNY)