EVENT REPORTSMay/23/2014

[Event Report]Prom Presents Ghost Coast feat. Mykki Blanco + T.E.A.M.S (Oak opening after party)

Exif_JPEG_PICTURE

 優秀な経営者は、消費者に歩み寄り、時代の半歩先、一歩先のものを提供するが、芸術家は、時代の何歩先も進んだ理解の難しい「何か」を提供する。複雑な幾何学のように思考する者もいれば、全くの直感で一気に創作する場合もあり、結局、美術や音楽などの芸術が、最終的に哲学と接続するのも、その作家という「私」から生み出された作品が、どのくらい世界/社会へと意味のあるものとして存在しうるのかを、思考、すなわち言葉で語りだそうとするからだ。あまり難しい話ではない。何よりも先行する芸術は、まずは小さく密度の高い熱狂から始まる。そういうものはときどき、アンダーグラウンドと呼ばれたりもする。そしてそれらは、熱度の高いままその塊が大きくなっていく場合もあれば、時間軸として捉えると、それが一定の規模のままであっても、長期間に渡り評価され、結果的に、何万人、何百万人に影響を与えるものもある。

 先月、ニューヨークから東京へと来日したクィアラップ・アーティスト、Mykki Blancoは、ラッパーでありながらも、そのルーツは自身が語るように詩人である。2012年にリリースされたミックステープ『Cosmic Angel: The Illuminati Prince/ss』は、発表されると共に、海外の各音楽メディアで取り上げられるなど、現在世界中から注目されているアーティストのひとりだ。同じく来日したT.E.A.M.Sは、2011年にデビューアルバム『Dxys Xff』をリリースしており、日本のレーベル〈PLANCHA〉からは国内盤がリリースされるなど、こちらも国内外で高い評価を得ているプロデューサーである。

 彼らを招聘したAvery Alan率いる〈Prom〉は、アンダーグラウンドの媒介者である。これまで、Le1f、Heems、Total Freedom、Kelelaといった優れたパフォーマーたちを招聘し、彼らは皆、帰国後も時間を追うごとに評価を高め続けている。また、今回開催された「Ghost Coast」の会場、Trump Roomは、看板のない渋谷の路地裏に位置し、毎週末、先端に位置する東京のユース・カルチャーが表出している場所としても知られている。

 その日の会場は非日常の高揚感に溢れていた。また、日本に在住する様々な国からの観衆が集まっていた。そんな中でも、Mykki Blancoの存在感はさすがのもので、そのライブも過剰なほど情動的なものであった。サウンド担当として、バックのブースには、T.E.A.M.Sが構えており、彼らの攻撃態勢に隙は一切見られなかった。ライブは、終始アヴァンギャルドでエネルギーとクリエイティヴィティに満ちあふれており、Mykki Blancoは、観衆の中へと何度も割って入り、予測不能でカオスな状況を何度もつくり出していた。一方、T.E.A.M.Sが吐き出すサウンドはどれも攻撃的で、縦横無尽に暴れるMykki Blancoに対し、がっしりと後ろで構える姿は、本人の風貌も相まって十分な貫禄を見せていた。

 今、日本で彼らを知る者はまだ少ないのかも知れないが、いずれ多くの人々に発見されていくのだろう。観る者の予想を上回る常識を超えた何か——アンダーグラウンドの現場は、だから面白いのだ。

14052301_3 14052301_2 Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 14052301_4

Photos : Ching-yen

Event Curator : PROM

More Info: OAK

取材・文: T_L